×

CATEGORY

HOME»  そらのきについて

そらのきについて

こんにちは。そらのきのささらです。

PLODUCT

オーガニックコットン100%のダブルガーゼという"肌に最も負荷をかけない"と言われている素材を使って、デザインからパターン、縫製まで一貫して洋服づくりをしいています。みんなの健やかさをサポートし、毎日の活力となれたら…そんなことを思いながら作っています。 目指せ!オシャレな健康衣類‼

PLODUCT

きっかけ

2015年に京都の西陣でそらのきをスタートさせた当初、私自身が誰よりもその素材の良さに感動し、この心地よさを多くの人に知ってもらいたくなる経験をしました。 はじめての展示会を前にして私は毎日肉体的にも精神的にも常に疲弊していました。とある夜、疲れ果てて化学繊維の服を着たまま寝てしまった翌朝、なんと全身に湿疹ができていたんです。 その時に「自然物から構成されている私達の体は、異物・化学薬品・化学繊維に反応するんだ。。体を傷めているんだ。」という事を痛感しました。

「薬を服用する」なんて言葉があるように、人は衣服からも健康を整えていたんです。最近では、アトピーの方や、手術や入院後に優しい衣類を選びたい、投薬のせいで皮膚が弱って普通の服が買えない、、とリピートしてくれる方が増えていて、感謝されるたびに「もっと精進していこう」と強く思うようになりました。

お店

アトリエ兼ショップを構え、手作りな暮らしがしたくて、しまなみ海道の 1 つ目の島・向島にやってきました。おだやかで、カラッと晴れていて、風と鳥の声が心地いい。物を作るのにも暮らしを編むのにも、とーーってもイイ島。

PLODUCT

2019年3月21日に、セルフリノベーションしたアトリエ&ショップがオープンしました。 「これだ!!」と思える空間を作ることができて、そこで制作ができる… 何とも言えん高揚感と幸福感。。。今まで以上に制作に集中できるし楽しめる&デザインのイメージがわいてくる。 そしてなにより、お客さんが服だけじゃなく空間ごと感じいって楽しんでいってくれる、ゆっくりと作品を見て想いを受け取ってくれる…♡気持ちのいい循環が生まれました。

PLODUCT
PLODUCT

これから

オーガニックコットン・ダブルガーゼの気持ち良さを体験してもらいたい!
ということで、衣食住から健康にアプローチできるちいさな体験施設を作ろうと思います。
実際に泊まれるゲストルームで、オーガニックコットンガーゼのパジャマやベッドシーツなどの寝具を利用してもらって、リラックス&健やかな時間を過ごしていただけたらな、、と思います(*^^*)

PLODUCT

マメチシキ

引用:医師、医学博士の本間真二郎氏の著書
「生活の基本は衣食住ですが、衣服に関して、食べ物と同じようにこだわる方は少ないのではないでしょうか?わが家では、気に入った質の良い物を厳選するようにしています。とくに、肌着は直接肌にあたりますので素材から良いものにこだわりたいですね。
皮膚は吸収器官であり、排泄器官であり、最近では、脳、腸に続いて「第三の脳」とまで言われるようになってきた重要な役割を担っています。
では、どのような服を選ぶかです。素材は化石由来の化学繊維のものよりも、綿、絹、麻、竹などの天然素材のものがいいでしょう。遺伝子組み換えではなく、化学肥料や農薬も使わないで育てた有機野菜と言いますが、綿にも有機農法により栽培・収穫・加工されたものがあります。これをオーガニックコットンと言います。」
と、オーガニックコットンの良さを第一に挙げていたり、中医学者・楊さちこ氏の著書では「タオルでもなく手ぬぐいでもなく、なぜガーゼ?そんな疑問に答えます。柔らかい繊維がポイントです。赤ちゃんの体を洗う時、ガーゼを使います。赤ちゃんがミルクを戻したとき、口元をふくのもガーゼです。数ある布の中で、ガーゼが最も肌に負荷をかけないからです。」
と、ガーゼの重要性をといています。つまり、オーガニックコットン×ガーゼは、皮膚にとってとても良い素材なのです。
人間が寝ているときは、顕在意識がオフになり潜在意識がオンになります。ということは、思考が働かないので五感が冴えるという事でもあります。五感のうちの一つ・触角(皮膚に触れるものを感じとる感覚器官)に上質な天然素材で刺激を与えるという事は、体にも、そして心(潜在意識)にも有益な働きをします。
さぁ、、信じるか信じないかはあなた次第。
でも、気持ちいいはうらぎらないね☆